スベンソンへの苦情ってなにがある?

スベンソンへの苦情ってなにがある?

スベンソンは、増毛やかつらに定評のあるメーカーです。
スベンソン式増毛法という、編み込んでいくタイプの増毛が良く見かけるものです。
スベンソンの説明やCMなどを見ると、とても良さそうなのですが、デメリットや苦情はどのようなものがあるのでしょうか。

 

一般的にかつらや、増毛の苦情で一番多いのは価格面に関することです。
やはりメーカーによっては100万円単位でかかってくることもありますし、明快に料金が設定されていない、メンテナンスの代金がかかるなどの苦情を見かけます。

 

ですが、スベンソンでは定額制や月額制をとっていて、さらに増毛ではワンプライスとなっているものもあり、とても分かりやすいです。
そのあたりはスベンソンへの金額が分かりにくいという苦情はあまり見かけられません。

 

では、スベンソンで多い苦情はどのようなものかというと、スベンソン式増毛法で、痛みが出たりかゆみがあったりというものです。
痛みが出るというのは、編み込まれた部分が、自毛が伸びてきた際に引っ張られたりして痛いということです。

 

また、結毛部分の毛が抜けてしまったというものもあります。
その場合は、合っていないということも考えられますので、サロンに行って相談してみましょう。
編み直してくれたり、また、どうしても合わない場合は他の増毛法の相談にも対応してくれます。

 

また、かゆいという苦情は、これは結毛部分にフケなどがたまるというものが多いです。
これは、洗い方に問題がある場合もありますので、サロンで相談すれば、より良いシャンプーの方法を教えてくれます。
どのような苦情や悩みも、丁寧に答えてくれるので、何かあった時には積極的に相談するのが良さそうです。